なかなか治らないしこりニキビは、肌の奥深くのトラブル

しこりニキビが気になっても、無意識にいじりまわさないようにしましょう。
顔にできた虫に刺されたようなふくらみ、触ると痛くて硬いしこりになっている。
それがしこりニキビなんです。

 
しこりニキビは肌の奥深くで発生中のトラブル。
毛穴の皮脂づまりから起こる通常のニキビと違い、
体の内部からアプローチしていかなくてはきれいに治らないのです。

 
肌の表面から無理につぶしたり刺激を与えるなどすると、真皮や皮下組織にダメージを与えることになり、クレーター状の跡が残ってしまいます。
それはもう、傷跡といってもいい状態なのです。

 

消えていくのにはとても長い時間がかかります。
なかなか治らない上、長期化しやすいのもしこりニキビの特徴です。

 
それではしこりニキビができないように、またできてしまったら早く治す方法としては、どうすればよいのでしょうか。

それは肌の再生力を高めていくことです。
こまめな洗顔や枕カバーの交換などで肌の清潔を保ち、なるべくストレスをためないようにすること。

 
そして十分な睡眠をとり、肌の再生力へのサポートを心掛けていきましょう。
適切な成分のサプリメントを摂ることや美容成分を含んだ化粧水で肌質の改善をしていくのも、よい効果がある上、今後のニキビ予防が期待できます。